イッポンテグリ
管理No
ac035-003
和名
イッポンテグリ
学名
Dactylopus dactylopus
分類
条鰭綱/スズキ目/ネズッポ科/イッポンテグリ属
大きさ
全長12cm
分布
琉球列島,西太平洋。
生息域
浅海の砂泥底。
解説
○鰓蓋部は皮弁状ではなく、体側下部を縦走する皮褶はない。臀鰭の最終軟条の先端は分枝する。腹鰭の棘と第1軟条が付着し、あたかも1本の指のように他の軟条から遊離する。

イッポンテグリ(yg)  7cm  -12m
2010/12/16  西伊豆 大瀬崎 湾内
Canon EOS 7D 100mm

伊豆では超珍しいはずのイッポンテグリなんですが、今年は安良里と大瀬崎で出現しました。幼魚とはいえだいぶ成長してしまっているので、あんま可愛くないね。2cmくらいの奴が見てみたいです。

イッポンテグリ  12cm  -5m
2005/05/04  ネグロス島 ユタ ドリームロック
Canon Power Shot S45

第一背鰭が非常に大きくてとっても目立つイッポンテグリ。初めて見たときは結構感動しましたが、今となってはさほど興味を惹かれる存在ではなくなってしまいました。ただ、幼魚の頃は真っ白で可愛いらしいので、是非見てみたいですね。



2002/09/22
マブール島

2005/05/04
ネグロス島 ユタ

2006/07/29
沖縄本島

2010/12/26
大瀬崎

2010/12/26
大瀬崎

 

inserted by FC2 system