サンゴトラギス
管理No
ac036-008
和名
サンゴトラギス
学名
Parapercis multiplicata
分類
条鰭綱/スズキ目/トラギス科/トラギス属
大きさ
全長8cm
分布
沖縄県,ニューカレドニア,オーストラリア西部。
生息域
水深15m前後のサンゴ礁域の砂礫底。
解説
○背鰭棘条部と軟条部間に深い欠刻がある。体の背鰭軟条部にごく小さな黒色斑が1縦列に並ぶ。背面には薄い褐色の鞍条横帯がある。体側に約8条の赤褐色の幅狭い横帯が並ぶ。

サンゴトラギス  6cm  -6m
2008/10/19  西伊豆 雲見 牛着岩
Canon EOS KissDigitalN 100mm

南国では定番だけど、伊豆近辺ではあまり見られないサンゴトラギスですが、前回の大島&今回の雲見と連続で見れました。まだ小さめの個体で、きょろっとした目が可愛いといえば可愛いかも。赤っぽくて、トラギスの中では綺麗なほうです。

サンゴトラギス(寄生虫付き)  12cm  -10m
2006/05/03  沖縄本島 瀬良垣アウトリーフ
Canon EOS KissDigitalN 60mm

トラギスにしては綺麗なほうのサンゴトラギス。沖縄とかでしか見れない、ちょっと珍しい奴で、慶良間以来のご対面でした。赤くて綺麗な奴なんですが、よーく見てみると右目のあたりに寄生虫が付いてます。今回、沖縄で二度撮影して、二個体とも寄生虫が付いてました。ちょっと可愛そうですね。
ちなみにアップ画像はこちらで、毛虫のようなキモイ寄生虫がはっきり見えます。可愛そう・・・。



2005/03/17
慶良間諸島

2006/05/01
沖縄本島

2006/05/03
沖縄本島

2006/05/03
沖縄本島

2007/10/18
柏島

2008/05/09
沖縄本島

2008/07/29
石垣島

2008/10/04
伊豆大島

2008/10/19
雲見

2008/10/19
雲見

2008/12/30
伊豆大島

 

inserted by FC2 system