カスリヘビギンポ
管理No
ac037-002
和名
カスリヘビギンポ
学名
Ucla xenogrammus
分類
条鰭綱/スズキ目/ヘビギンポ科/カスリヘビギンポ属
大きさ
全長6cm
分布
奄美大島,沖縄諸島。
生息域
珊瑚礁域。塊状のハマサンゴ類の上など。
解説
○透明な体にまだら模様が出るが、不明瞭な個体もいる。突出した大きな下顎が特徴。

カスリヘビギンポ  5cm  -10m
2005/11/18  屋久島 一湊タンク下
Canon Power Shot S45

非常に似たような奴が多く判別が難しいヘビギンポ系ですが、カスリはテングほどでは無いですが顔が長いので見分けがしやすいほうです。南国に行くと比較的普通に見ることができ、一箇所にじーっとしていることが多いので撮影はし易いです。



2004/07/26
西表島

2005/11/18
屋久島

2006/05/01
沖縄本島

2006/05/03
沖縄本島

2006/05/04
沖縄本島

2006/08/03
沖縄本島

2009/08/01
石垣島

2010/03/19
慶良間諸島

2012/12/21
石垣島

2013/06/16
西表島

2014/06/23
石垣島

 

inserted by FC2 system