チシオコケギンポ
管理No
ac038-006
和名
チシオコケギンポ
学名
Neoclinus monogrammus
分類
条鰭綱/スズキ目/コケギンポ科/コケギンポ属
大きさ
全長cm
分布
房総半島南岸、伊豆大島
生息域
解説
○和名の由来は、雄の眼下に入る赤い斑模様が「血潮」の様に見える事に由来します。
○雌は写真の様に黄色やピンクっぽい赤等、色んな色をしています。

チシオコケギンポ(yg)  5cm  -15m
2008/12/12  伊豆大島 秋の浜
Canon EOS KissDigitalN 100mm

冬の冷たい海で橙色っぽいチシオコケギンポが見れました。どうやら普段見ている赤いコケギンポspの幼魚のようです。確かに顔の特徴は良く似ていますね。

チシオコケギンポ(♂)  7cm  -15m
2006/09/02  伊豆大島 秋の浜
Canon EOS KissDigitalN 100mm

久々に赤いチシオコケギンポが見れました。なかなか頭を出してくれないのだが、たまーにこれくらい表に出てきてくれます。全身出ているのは以前、一度だけ見た記憶があります。これは雄の個体で名前の由来通り眼下に入る赤い斑模様が血潮の様に見えなくもありません。

チシオコケギンポ(♀)  6cm  -15m
2006/02/19  伊豆大島 秋の浜
Canon EOS KissDigitalN 100mm

大島では良く見かけるチシオコケギンポです。これは♀の個体で全身がほぼ橙色一色です。♂はもっと赤くて派手なので、それに比べるとずいぶんと地味に見えます。

チシオコケギンポ(♂)  7cm  -15m
2004/09/25  伊豆大島 秋の浜
Canon Power Shot S45

伊豆大島では比較的良く見かける、赤いコケギンポspです。普段は小さな巣穴に入って頭だけ出している姿をよく確認できますが、初めてお散歩中の奴に出くわしました。こういう時が特徴をとらえる大チャンスで、何とか数枚撮れました。
撮影当時はまだ和名がありませんでしたが、2010年にチシオコケギンポという和名が付きました。特徴を現してて良い名前ですね。



2002/09/14
伊豆大島

2004/09/25
伊豆大島

2006/02/19
伊豆大島

2006/02/19
伊豆大島

2006/09/02
伊豆大島

2006/09/02
伊豆大島

2006/10/22
伊豆大島

2008/12/12
伊豆大島

2009/03/07
伊豆大島

2011/05/21
伊豆大島

2011/05/21
伊豆大島

2011/12/30
伊豆大島

2014/04/13
伊豆大島

2014/08/22
伊豆大島

2014/08/22
伊豆大島

 

inserted by FC2 system