イワアナコケギンポ
管理No
ac038-007
和名
イワアナコケギンポ
学名
Neoclinus lacunicola
分類
条鰭綱/スズキ目/コケギンポ科/コケギンポ属
大きさ
全長6cm
分布
相模湾、伊豆大島、紀伊半島田辺湾
生息域
岩礁域の水深3〜9m
解説
○トウシマコケギンポに良く似ていて、コケギンポ属ではこの2種だけに頭頂皮弁がある。体側の横帯が体下部まで届くことで区別が可能。また胸鰭の軟条数はトウシマは通常14本、イワアナは13本。眼上皮弁の形はトウシマは幹が短く枝が長くてふさふさ、イワアナは幹が長く枝が短くトゲトゲしている。

イワアナコケギンポ  6cm  -5m
2014/03/16  伊豆大島 秋の浜
Canon EOS 7D 100mm

伊豆大島では浅場で割と普通に見られるイワアナコケギンポなんですが、今回は全身出ていました。ちょっとうねっていて撮りづらいのですが、粘って撮影成功。頭の後ろの皮弁もちゃんと写ってて、判別しやすいです。

イワアナコケギンポ  6cm  -8m
2008/06/01  葉山 芝崎 権太郎岩
Canon EOS KissDigitalN 60mm

権太郎岩の岩肌から沢山のコケギンポ属のやつらがぽこぽこ出てました。アライソかなと思ったのだが、眼上皮弁の形からするとイワアナコケギンポのようです。このように茶色っぽくて斑の奴から、真っ赤、真っ白と色んなタイプがいるようです。葉山ではTHEコケインポ、アライソ、イワアナが居るみたいで判別が難しいですね。



2006/01/26
葉山

2008/06/01
葉山

2008/12/28
伊豆大島

2008/12/28
伊豆大島

2008/12/30
伊豆大島

2009/03/28
葉山

2009/03/28
葉山

2009/11/22
伊豆大島

2011/05/20
伊豆大島

2011/05/20
伊豆大島

2011/05/22
伊豆大島

2012/07/16
伊豆海洋公園

2014/03/16
伊豆大島

2014/03/16
伊豆大島

 

inserted by FC2 system