タテガミカエルウオ
管理No
ac039-006
和名
タテガミカエルウオ
学名
Cirripectes castaneus
分類
条鰭綱/スズキ目/イソギンポ科/タテガミカエルウオ属
大きさ
全長12.5cm
分布
紀伊半島以南の太平洋岸、琉球列島;インド-西太平洋
生息域
サンゴ礁域
解説
○目の後方にタテガミ状の皮弁がある。頭部にかすかに赤い斑紋があり、それらは明瞭な編み目を作らない。眼の外周に不規則な赤いリングを持つ虹彩がある。瞳の周りに狭い黄色いリング、2つのリングの間に黒いリングがある。

タテガミカエルウオ  4cm  -3m
2007/10/19  高知県 柏島 勤崎
Canon EOS KissDigitalN 100mm

うねりの残る根のトップで、可愛いサイズのタテガミカエルウオが元気に動き回っていました。警戒心が強いというか、とにかくじっとしていない奴で、カメラを構えると既にいなかったりする、とても撮影困難な被写体なのですが、何とか数枚撮影に成功しました。赤色が綺麗に入っていて、撮り甲斐のある個体でした。

タテガミカエルウオ  7cm  -5m
2006/08/01  沖縄本島 ホーシュー
Canon EOS KissDigitalN 100mm

減圧停止中の浅場で黒っぽいカエルウオを発見。インドかな〜と思って撮影していたのですが、帰って写真を見てみると体中に赤いラインが入っているので、タテガミカエルウオのようです。非常に警戒心が強く、こちらが寄るとすぐに逃げてしまうので、息を潜めてめちゃめちゃ慎重に近づいたので、なんとか撮影に成功しました。



2006/08/01
沖縄本島

2006/08/04
沖縄本島

2007/10/19
柏島

2007/10/19
柏島

2008/07/29
石垣島

2014/06/21
石垣島

2014/06/22
石垣島

 

inserted by FC2 system