ヒトスジギンポ
管理No
ac039-013
和名
ヒトスジギンポ
学名
Ecsenius lineatus
分類
条鰭綱/スズキ目/イソギンポ科/ニラミギンポ属
大きさ
全長8cm
分布
三宅島、小笠原諸島、琉球列島,西部太平洋の熱帯域。
生息域
礁湖,サンゴ礁斜面の水深約5〜30m。
解説
○体側に幅広い黒色縦帯があり、この縦帯は途切れて、長円形の斑紋列になることがある。前鼻孔の後縁にのみ皮弁がある。

ヒトスジギンポ  6cm  -10m
2010/09/22  小笠原 兄島 バラ沈
Canon EOS 7D 100mm

名前の通り体に黒い縦帯が1本走っているのだが、この個体のように横帯が入って縞々のように見える奴もいます。大きくなると消えるというわけでもなさそうで、場所によって違う気がします。

ヒトスジギンポ  7cm  -10m
2004/07/28  西表島 ヒナイビーチ前
Canon Power Shot S45

南国では定番のお魚で、浅場の珊瑚礁や岩場ででちょろちょろと動いているのを良く見かけます。名前のとおり体に幅広い黒帯が入っているのが特徴的で、他種との区別は容易です。比較的じっとしていてくれるので写真撮影は楽なほうです。意外と良い表情してるので、アップで撮ると面白いかも。



2003/01/12
沖縄本島

2004/07/28
西表島

2004/12/28
久米島

2007/07/31
奄美大島

2008/05/08
沖縄本島

2008/05/08
沖縄本島

2008/05/08
沖縄本島

2008/05/08
沖縄本島

2008/05/08
沖縄本島

2008/11/01
西表島

2009/08/05
西表島

2010/09/22
小笠原

2010/09/22
小笠原

2012/10/20
伊豆大島

2013/06/20
西表島

2013/09/12
伊豆大

 

inserted by FC2 system