オウゴンニジギンポ
管理No
ac039-020
和名
オウゴンニジギンポ
学名
Meiacanthus atrodorsalis
分類
条鰭綱/スズキ目/イソギンポ科/ヒゲニジギンポ属
大きさ
全長7cm
分布
伊豆半島,琉球列島以南,西太平洋の熱帯域。
生息域
サンゴ礁,岩礁性海岸の斜面,礁湖,水路など比較的潮通しの良い浅海。
解説
○浮遊性で活発に泳ぎまわる。目を斜めに横切り、背鰭起部に達する黒色帯がある。

オウゴンニジギンポ(yg)  4cm  -12m
2011/09/24  セブ マクタン島 ジェイウォーター
Canon EOS 7D 100mm

とっても可愛いサイズのオウゴンニジギンポが見れました。南国では良く見かける奴ですが、こんな小さいのは初めてです。やっぱ小さいと頭もまるっこくて可愛いです。鰭も全開でポイント高いです。

オウゴンニジギンポ  8cm  -10m
2006/07/31  沖縄本島 瀬良垣アウトリーフ
Canon EOS KissDigitalN 100mm

南国に行くと見られる普通種で、青と黄色の体に、目に走る黒斜帯が特徴的です。見た目も綺麗だし名前も良いのだが、なーぜかあまり撮る気にならない被写体ですね。なんですが、今回のは何やら髭のような物を生やしているので、カメラを構えてみると、何と髭に見えたものは寄生虫ではないですか!かーなり、さぶいぼもんのシーンでした。拡大シーンはこちら



2002/01/13
沖縄本島

2006/07/31
沖縄本島

2006/07/31
沖縄本島

2011/09/24
セブ島 マクタン

2011/09/24
セブ島 マクタン

2012/08/05
八丈島

2012/09/03
柏島

 

inserted by FC2 system