タマギンポ
管理No
ac039-050
和名
タマギンポ
学名
Praealticus margaritarius
分類
条鰭綱/スズキ目/イソギンポ科/タネギンポ属
大きさ
全長8cm
分布
和歌山県以南の太平洋岸、琉球列島;〜台湾
生息域
暖海域の岩礁域、タイドプール
解説
○頭部や胸鰭上に多数の白色点がある。また白色点は体側にも入る。眼の上には大きな掌状の皮弁がある、などの特徴で日本産の他の同属魚類と区別することができる。

タマギンポ  4cm  -20cm
2014/09/25  屋久島 春田浜タイドプール
Canon EOS 7D 100mm

屋久島のタイドプールでタマギンポが見られました。ここいらでは一番勢力が強いのか、他のギンポよりも数が多く、そこらじゅうに居ました。水深20cmぐらいから水面ギリギリの浅場に居て、干上がってしまいそうな環境に住んでいて、ゆでギンポにならないか心配です。



2014/09/25
屋久島

2014/09/25
屋久島

2014/09/25
屋久島

2014/09/25
屋久島

2014/09/25
屋久島

2014/09/25
屋久島

 

inserted by FC2 system