クロエリギンポ
管理No
ac040-002
和名
クロエリギンポ
学名
Trichonotus filamentosus
分類
条鰭綱/スズキ目/クロエリギンポ科/ベラギンポ属
大きさ
全長18cm
分布
静岡・島根県以南,中国,南シナ海。
生息域
外海に開けた沿岸の砂底に多い。
解説
○基本的な体形はベラギンポに似るが、体はより細長。体側前部に無鱗域がない。雄は後頭部に黒色帯、その下縁は青白色斑で縁取られる。背鰭は高いが、糸状には延長しない。尾鰭は卵円形で大きく、頭長より長い。体側の青白色点列は1列で、中軸の後2/3のみ。雌では背鰭の前部数鰭条にわたって黒色斑がある。

クロエリギンポ(♂)  15cm  -20m
2006/09/17  西伊豆 井田 ビーチ
Canon EOS KissDigitalN 100mm

伊豆の砂地で普通に見られるお魚です。きめの粗い白砂の上を移動していたり、砂に潜ったりしているのを良く見かけます。砂に潜るスピードはおっそろしく速いし、色が薄くて砂地に同化するので、一度潜ってしまうとなかなか発見できません。後頭部に黒色帯と、その下が青白色斑で縁取られているので♂のようです。



2003/06/29
八幡野

2004/07/03
八幡野

2006/09/17
井田

 

inserted by FC2 system