アカヒメジ
管理No
ac042-003
和名
アカヒメジ
学名
Mulloidichthys vanicolensis
分類
条鰭綱/スズキ目/ヒメジ科/アカヒメジ属
大きさ
全長40cm
分布
南日本。インド・太平洋域。
生息域
水深5〜20mのサンゴ礁の外縁や礁湖の潮通しのよい場所。
解説
○体高はやや高く、淡黄色〜淡桃色で、体側中央に黄色の幅広縦帯が走る。眼は赤くて大きい。腹鰭は黄色で、腹膜は暗褐色。精神状態に応じて、色や斑紋を変える。

アカヒメジ  25cm  -10m
2009/03/21  八丈島 旧八重根港
Canon EOS KissDigitalN 60mm

水温が13℃と八丈島にしてはかなり低く、お魚も寒さに耐え切れずばたばた死んで底に沈んでいました。このアカヒメジもかなり弱っていて、横になりながら必死に泳いでいるような感じでした。頑張って乗り切ってもらいたいですが、たぶん無理でしょうね・・・。

アカヒメジ  25cm  -15m
2005/11/20  屋久島 栗生
Canon Power Shot S45

ヒメジというとお髭が生えていて、砂地を単独で這っている姿が思い浮かぶと思いますが、このアカヒメジは群をなして、中層をガンガンに泳ぎまくるお魚です。赤というけど、赤いのは目とおでこぐらいで、白地の体色に黄色い線が非常に良く目立ち、水中でも見間違えることは無さそうです。



2002/01/12
沖縄本島

2003/12/29
シパダン島

2004/07/26
西表島

2005/05/01
セブ島 アポ

2005/11/20
屋久島

2005/11/20
屋久島

2006/07/30
沖縄本島

2007/07/28
奄美大島

2008/07/29
石垣島

2009/03/21
八丈島

2010/09/16
小笠原

 

inserted by FC2 system