タカサゴヒメジ
管理No
ac042-006
和名
タカサゴヒメジ
学名
Parupeneus heptacanthus
分類
条鰭綱/スズキ目/ヒメジ科/ウミヒゴイ属
大きさ
全長30cm
分布
南日本。インド・太平洋域。
生息域
礁湖内の砂泥底や海藻繁茂域、水深60mまでの珊瑚礁外縁。
解説
○体は細長く、全体的に赤い。髯は長く、第1背鰭後端下方の体側に小さい濃赤色斑があるのが特徴。

タカサゴヒメジ(夜間色)  12cm  -5m
2009/09/22  千葉県 明鐘岬 兜岩
Canon EOS KissDigitalN 60mm

ナイトダイブ中、岩陰でおねんね中でピクリとも動かないタカサゴヒメジを発見。THEヒメジかとも思ったのですが、体側の小さい濃赤色斑が見えるので間違い無さそう。夜は色がカラフルになります。

タカサゴヒメジ(yg)  4cm  -10m
2007/12/09  西伊豆 大瀬崎 湾内
Canon EOS KissDigitalN 60mm

小さいのが数匹群れて、いつもの仕草で砂をついばみながら進んでいました。何となく可愛かったので撮影したら、こんなん写ってました。半分埋まってるじゃないすか。ここまで顔突っ込んで餌探してるんですね。

タカサゴヒメジ(yg)  6cm  -10m
2007/10/13  西伊豆 大瀬崎 湾内
Canon EOS KissDigitalN 100mm

伊豆では小さいのから大きいのまで見れる普通種なのですが、何気に伊豆では初撮影でした。いっぱい居る上に地味なんでカメラ向けられないですね。まだこれくらい小さいと可愛げがあるのですが。

タカサゴヒメジ  25cm  -20m
2005/11/19  屋久島 一湊タンク下
Canon Power Shot S45

普段は白から薄い橙っぽいおとなしめの色のお魚なんですが、興奮しているのか真っ赤っ赤に染まってます。よーく見てみると特徴の濃赤色斑も見れます。釣り上げたときも赤く染まるみたいですね。



2005/11/19
屋久島

2007/10/13
大瀬崎

2007/10/13
大瀬崎

2007/12/09
大瀬崎

2008/01/05
富戸

2008/02/09
沖縄本島

2009/09/22
明鐘

2010/12/30
大瀬崎

2011/10/23
大瀬崎

 

inserted by FC2 system