オオスジヒメジ
管理No
ac042-008
和名
オオスジヒメジ
学名
Parupeneus barberinus
分類
条鰭綱/スズキ目/ヒメジ科/ウミヒゴイ属
大きさ
全長60cm
分布
南日本。インド・太平洋域。
生息域
水深100mまでのサンゴ礁外縁域の砂底,砂礫底域,海藻繁茂場。
解説
○吻から眼を通り尾柄に達する1暗色縦帯があり、尾柄の側線上に暗色円斑がある。大型になり、成長するにつれ体高は高くなり、背鰭第2、第3棘が長くなる。老成すると暗色帯や暗色円斑は赤みを帯びる。腹膜は暗灰色から黒色。

オオスジヒメジ(yg)  5cm  -10m
2006/09/02  伊豆大島 秋の浜
Canon EOS KissDigitalN 100mm

成魚は普通に見られますが、このくらいのygはたまーに見られます。このサイズでも立派なお髭が生えていて、特徴の尾柄の暗色円斑も見られます。髭を駆使して、お食事の最中のようでした。



2006/09/02
伊豆大島

 

inserted by FC2 system