キビレマツカサ
管理No
ac044-007
和名
キビレマツカサ
学名
Myripristis chryseres
分類
条鰭綱/キンメダイ目/イットウダイ科/アカマツカサ属
大きさ
全長25cm
分布
土佐湾以南。〜インド・太平洋域。
生息域
岩礁や珊瑚礁域。
解説
○アカマツカサ属は、混乱が大きくて、同定の難しいグループだが、キビレマツカサは、背鰭、臀鰭、腹鰭、尾鰭が、一様に黄色いので見分けやすい。また鰓蓋膜の暗色域は明瞭で大きい。

キビレマツカサ  18cm  -25m
2007/05/01  八丈島 ナズマド
Canon EOS KissDigitalN 60mm

イットウダイ科のお魚は全体的に暗い所にいて、目がおっきくて、赤っぽいお魚が多く、キビレマツカサも同様です。特徴は名前のとおり背鰭、臀鰭、腹鰭、尾鰭が黄色いのでわかりやすいです。



2007/05/01
八丈島

2009/10/31
八丈島

2009/11/01
八丈島

2012/08/04
八丈島

2012/08/04
八丈島

 

inserted by FC2 system