キツネアマダイ
管理No
ac047-001
和名
キツネアマダイ
学名
Malacanthus latovittatus
分類
条鰭綱/スズキ目/キツネアマダイ科/キツネアマダイ属
大きさ
全長40cm
分布
相模湾、田辺湾、琉球列島。ハワイ、紅海、南アフリカ、インド・西太平洋。
生息域
珊瑚礁域の砂礫底。
解説
○上顎後端が眼の前縁に達しない。尾鰭後縁は截形。体側中央に幅広い黒色縦帯がある。石の下に穴を掘って隠れ家をつくる。

キツネアマダイ  20cm  -6m
2008/07/31  石垣島 コーラルヘブン
Canon EOS KissDigitalN 100mm

10cmくらいのサイズは何度か見たことあったのですが、成魚は初めて見ました。というか上がって調べるまでキツネアマダイの成魚とは気づきませんでした。確かに黒いラインが入っていて、面影が有りますね。

キツネアマダイ(yg)  7cm  -20m
2008/07/30  石垣島 米原キャンプ場前 オアシス
Canon EOS KissDigitalN 100mm

このぐらいのサイズを何度か見たことあったんですが、てっきりこのサイズで成魚かと思っていたら、まだ幼魚のステージだったようです。見ての通り白黒の地味な奴で、あんまり人気のある被写体ではありませんでした。私的には珍しいので、頑張って撮影したのですが、常に体をくねらせてて、あんまり寄れもせず、ろくな写真が撮れませんでした。



2003/12/28
マブール島

2006/08/03
沖縄本島

2008/07/30
石垣島

2008/07/31
石垣島

2010/03/21
慶良間諸島

2013/06/17
西表島

 

inserted by FC2 system