ヤセアマダイ
管理No
ac047-002
和名
ヤセアマダイ
学名
Malacanthus brevirostris
分類
条鰭綱/スズキ目/キツネアマダイ科/キツネアマダイ属
大きさ
全長25cm
分布
伊豆半島東岸、駿河湾、和歌山県白浜、琉球列島。ハワイ、南アフリカ、インド・西太平洋域。
生息域
岩礁域や珊瑚礁域の砂礫の砂地。
解説
○体は細長く、背鰭や臀鰭の基底も長い。主鰓蓋骨棘は長い。上顎後端が眼の前縁を超える。尾鰭後端は截形。砂礫底の石の下などに穴を掘って潜む習性がある。

ヤセアマダイ  20cm  -25m
2012/08/03  八丈島 ナズマド
Canon EOS 7D 100mm

砂地で巨大なヤセアマダイが見られました。普段見てた奴はせいぜい10cmちょいぐらいですが、こいつは20cmはありました。こんなに大きくなる種だとは知りませんでした。

ヤセアマダイ  12cm  -15m
2006/10/21  伊豆大島 秋の浜
Canon EOS KissDigitalN 60mm

ひょろ長くてたよりなさげに泳いでいて、なんとなく名前が合っている気がするお魚。他のアマダイは熱帯でしかみれませんが、ヤセアマダイは温帯から熱帯まで生息域は広いようです。でも、個体数が多いわけではないので、ちょびっと珍しいお魚です。



2002/09/16
伊豆大島

2003/12/06
伊豆大島

2003/12/29
シパダン島

2006/10/21
伊豆大島

2006/10/21
伊豆大島

2010/03/21
慶良間諸島

2012/08/03
八丈島

2012/10/20
伊豆大島

 

inserted by FC2 system