ノコギリダイ
管理No
ac049-001
和名
ノコギリダイ
学名
Gnathodentex aureolineatus
分類
条鰭綱/スズキ目/フエフキダイ科/ノコギリダイ属
大きさ
全長30cm
分布
小笠原、和歌山県以南。〜インド・西太平洋域。
生息域
浅海の岩礁域。
解説
○体側に数本の黄色縦帯が走る。背鰭後端付近の体側背部にも黄色斑があり目立つ。小型で体高も低い。ノコギリダイ属は、このノコギリダイ1種しかいない。主上顎骨の側部に鋸歯状の突起があり、ここから「のこぎりだい」と呼ばれる。色彩などは、変異が大きい。

ノコギリダイ(yg)  8cm  -10m
2008/07/30  石垣島 米原キャンプ場前 オアシス
Canon EOS KissDigitalN 100mm

中層を一匹だけ泳いでいたんですが、記憶に無い魚で不明だったのですが、調べてみるとノコギリダイの幼魚のようでした。大きくなると体高が高くなるんでわからなかったんですが、確かに黄色斑とかに特徴が見られますね。

ノコギリダイ  20cm  -10m
2004/07/26  西表島 鳩離れ西
Canon Power Shot S45

西表の浅瀬の珊瑚礁の上を気持ち良さげにすいすい泳いでいました。見てのとおりお魚らしいお姿で、銀色の体に黄色い縦帯がとっても綺麗です。群をなしていることが多く、透明度が良いととても絵になります。



2004/07/26
西表島

2004/12/26
久米島

2008/07/30
石垣島

2008/10/30
西表島

2010/09/16
小笠原

2010/09/16
小笠原

2013/06/18
西表島

 

inserted by FC2 system