エゾイソアイナメ
管理No
ac056-001
和名
エゾイソアイナメ
学名
Physiculus maximowiczi
分類
条鰭綱/タラ目/チゴダラ科/チゴダラ属
大きさ
全長40cm
分布
函館以南の太平洋岸、東シナ海、台湾。
生息域
浅海域(数10m以浅)
解説
○チゴダラとエゾイソアイナメは良く似ている。エゾイソアイナメは、体は濃褐色で、眼はやや小さく吻長の2/3、水深数10m以浅に生息する。チゴダラは体は淡褐色で、眼は大きく吻長の2/3より大きい、水深150〜650mに生息する。幼魚は沿岸の岩場にすみ、成長すと深所に移る。

エゾイソアイナメ(yg)  4cm  -8m
2010/06/25  西伊豆 江富海岸
Canon EOS KissDigitalN 60mm

ナイトダイブ中、お玉杓子みたいなエゾイソアイナメを久々に見ました。ひょうきんな顔立ちで、ちょっと好きな被写体です。私的には結構珍しい種だったりしますが、ここでは普通種のようでわりと普通に見れるそうです。

エゾイソアイナメ(yg)  6cm  -8m
2009/01/10  西伊豆 大瀬崎 湾内
Canon EOS KissDigitalN 60mm

湾内をセルフナイトしてたら、実に久々にエゾイソアイナメのちびちゃんに会えました。といっても前見た時の倍くらいのサイズで、ひょろ長いお姿はうなぎを連想させます。昼間は全然見かけないということは、どこかの岩陰にでも隠れているのですかね?

エゾイソアイナメ(yg)  3cm  -10m
2006/01/26  葉山 芝崎 170度の根
Canon EOS KissDigitalN 60mm

葉山のナイトで見れた奴で、真っ黒で形はお玉じゃくしのようでした。見たこと無い魚で、ガイドさんに聞いたところ、ゴンズイのチビじゃないかという話だったのですが、たぶん違うな〜と思ってました。調べて見たところ、エゾイソアイナメのygであることがわかりました。決め手は下顎のお髭ですね。タラ目のお魚で、タラ目の種を撮影するのすら初めてでした。



2006/01/26
葉山

2009/01/10
大瀬崎

2009/12/19
志津川

2010/06/25
江富海岸

 

inserted by FC2 system