ヒメフタスジカジカ
管理No
ac065-007
和名
ヒメフタスジカジカ
学名
Icelinus pietschi
分類
条鰭綱/カサゴ目/カジカ科/フタスジカジカ属
大きさ
全長4.2cm
分布
北日本、北西太平洋
生息域
岩礁域
解説
○フタスジカジカ属には現在11有効種が知られ、そのうち本種とフタスジカジカの2種が日本周辺海域に分布しています。
○新しい種であるため載っている図鑑がなく、よく本種とフタスジカジカが混同されています。見分け方は鼻棘に皮弁があるのが本種で、フタスジカジカには皮弁がありません。

ヒメフタスジカジカ  3cm  -6m
2006/11/05  宮城県 志津川湾 2つ岩
Canon EOS KissDigitalN 60mm

志津川湾で見せてもらったお魚で、今回が初遭遇でした。大きな岩の亀裂の奥に潜んでいて、撮影は困難でしたが、何とかフラッシュが当たる場所で撮影できました。白っぽい体に、充血した大きな目が特徴です。光が嫌いなようで、数枚撮影したら、奥に逃げ込まれ二度と出てきてくれませんでした。



2006/11/05
志津川湾

2006/11/05
志津川湾

2011/01/08
志津川

 

inserted by FC2 system