ホウセキキントキ
管理No
ac072-001
和名
ホウセキキントキ
学名
Priacanthus hamrur
分類
条鰭綱/スズキ目/キントキダイ科/キントキダイ属
大きさ
全長35cm
分布
南日本。〜インド・太平洋域。
生息域
珊瑚礁域、その外縁、岩礁域。ふつう水深30mくらいに生息するが水深280mまでにはすむ。
解説
○体色は白っぽいものから真っ赤なものまで変異が多い。側線上に、小さな暗色斑がならぶ傾向がある。尾鰭は二重湾入形か、深い湾入形が多いのだが、浅い湾入形のものまで変異が多い。しかし尾鰭の上下葉はのびる傾向がある。白っぽい個体の場合各鰭の縁辺が暗色になるが、鰭膜に斑紋はない。

ホウセキキントキ  20cm  -10m
2008/02/10  沖縄本島 ゴリラチョップ
Canon EOS KissDigitalN 60mm

熱帯では定番の奴で、穴の中を覗きこむと良く見かけます。暗がりの中では真っ赤で、今回のように砂地などの明るい所に出ると白っぽい色が出ます。顎を突き出したような、特徴的なお姿の魚です。



2002/05/04
沖縄本島

2002/05/04
沖縄本島

2002/09/25
シパダン島

2003/12/31
シパダン島

2008/02/10
沖縄本島

2009/08/03
西表島

2009/10/31
八丈島

2010/09/16
小笠原

2010/09/16
小笠原

2010/11/28
大瀬崎

2010/12/30
大瀬崎

2011/02/12
須江

2011/02/12
須江

2011/12/30
伊豆大島

2013/06/20
西表島

2013/06/20
西表島

2014/05/03
柏島

2014/07/27
大瀬崎

 

inserted by FC2 system