オキナメジナ
管理No
ac073-003
和名
オキナメジナ
学名
Girella mezina
分類
条鰭綱/スズキ目/メジナ科/メジナ属
大きさ
全長45cm
分布
千葉県以南、琉球列島。台湾。
生息域
沿岸の岩礁域
解説
○上唇は分厚い。体高は高く、ずんぐりした感じがする。成魚の頭部背縁は眼の前方で急傾斜する。幼魚の時、体側中央に鮮緑色の1横帯があり、この横帯は、成長して大きくなっても、出てくるときがあるようだ。
○口の幅は広く、上顎歯と下顎歯は3〜4列あり、口を顔面におしあてて、この歯で藻類を、こそげとるような摂餌をしていると思われる。

オキナメジナ(yg)  7cm  -1m
2009/11/02  八丈島 乙千代ヶ浜タイドプール
Canon EOS KissDigitalN 100mm

タイドプールで潜ったら、クロメジナ&オキナメジナの幼魚が沢山見れました。こっちは少しだけ特徴のあるオキナメジナの幼魚で、白い横帯が特徴です。

オキナメジナ  35cm  -5m
2008/05/09  沖縄本島 真栄田岬
Canon EOS KissDigitalN 100mm

南方系のお魚で、沖縄のメジナ科魚類は本種が多いようです。ここ真栄田岬では魚の餌付けもしているせいか、この手の魚が多く、しかも寄っても逃げないので、撮影は楽です。それにしても地味で、撮影し甲斐の無い奴ですね。



2008/05/09
沖縄本島

2009/11/02
八丈島

 

inserted by FC2 system