ウメイロ
管理No
ac076-009
和名
ウメイロ
学名
Lutjanus gibbus
分類
条鰭綱/スズキ目/フエダイ科/アオダイ属
大きさ
全長50cm
分布
小笠原、南日本。〜インド・西太平洋域。
生息域
岩礁域。大きくなると水深200mの大陸棚。
解説
○体高はやや低く、紫がかった薄青の体色で、体側上半の後部から尾鰭は黄色くなっている。色合いは、タカサゴ科のウメイロモドキに似るが、ウメイロモドキは背鰭と臀鰭に鱗があり、ウメイロは背鰭と臀鰭に鱗をもたない。またウメイロモドキは鮮やかすぎる色である。

ウメイロ(yg)  7cm  -8m
2012/09/05  柏島 後浜 3.5番ブイ
Canon EOS 7D 100mm

浅場の根の下の方にまだ小さめのウメイロが数匹群れていました。なかなか綺麗な色ですね。考えてみると大きいサイズは見たことがありませんね。

ウメイロ(yg)  4cm  -45m
2007/10/19  高知県 柏島 勤崎
Canon EOS KissDigitalN 100mm

かなり深い根でアサヒやアカボシハナゴイを観察していたら、見慣れぬハナダイのチビがいるな〜と思って撮影しておきました。帰ってハナダイを調べてみたが該当するのがなく、なんとウメイロの幼魚でした。ウメイロの成魚も実は見たことないのですが、群れて泳ぐ魚ってイメージなので、幼魚の頃はこんな感じとは思いもよりませんでした。図鑑でもこのステージは載っていなくて、ちょっと珍しいかも。



2007/10/19
柏島

2012/08/04
八丈島

2012/09/05
柏島

2012/10/20
伊豆大島

2013/12/01
伊豆大島

 

inserted by FC2 system