タイワンカマス
管理No
ac080-002
和名
タイワンカマス
学名
Sphyraena flavicauda
分類
条鰭綱/スズキ目/カマス科/カマス属
大きさ
全長37cm
分布
和歌山県以南の南日本。インド・西太平洋域。
生息域
珊瑚礁域をふくむ沿岸浅所。
解説
○カマス類は見分けが難しく、第1背鰭起部が腹鰭起部より、はるか後方に位置し体側に褐色縦帯が2本あれば、タイワンカマスかイブリカマスである。
○タイワンカマスとイブリカマスの見分けは、タイワンカマスは不明瞭な褐色縦帯があり、下方の縦帯と側線が尾柄やや前で交わり、鱗は大きくはがれやすい。イブリカマスは明瞭な褐色縦帯があり、下方の縦帯と側線が尾柄部で交わり、鱗は細かくはがれにくい。

タイワンカマス  18cm  -2m
2008/05/09  久米島 トンバラ
Canon EOS KissDigitalN 100mm

熱帯の海では浅場で群れて猛スピードで泳いでいるところを良く見かけます。今回も浅瀬で沢山いたんですが、100mmだったので、1匹だけ狙って撮影してみました。銀色に輝く、美味しそうなお魚ですね。



2002/01/12
沖縄本島 タイワンカマス

2002/05/04
沖縄本島 タイワンカマス

2003/12/28
シパダン島 タイワンカマス?

2005/03/18
慶良間諸島 タイワンカマス

2005/03/18
慶良間諸島 タイワンカマス

2005/05/01
セブ島 アポ タイワンカマス?の群

2008/05/09
沖縄本島

2008/05/09
沖縄本島

2008/05/09
沖縄本島

2010/08/06
柏島

 

inserted by FC2 system