オオメカマス
管理No
ac080-005
和名
オオメカマス
学名
Sphyraena forsteri
分類
条鰭綱/スズキ目/カマス科/カマス属
大きさ
全長87cm
分布
南日本。インド・太平洋域
生息域
内湾や珊瑚礁域の浅所
解説
○胸ビレの裏側の体表に黒点があり、体表に横縞模様はない。尾鰭の切れ込みに膨らみがない。歯は大きく鋭く、眼は大きい。

オオメカマス  60cm  -10m
2010/03/21  慶良間諸島 佐久原漁礁
Canon EOS KissDigitalN 100mm

透明度の良い慶良間の海で中層を移動中に100匹ぐらいのカマスの群れに遭遇。かなり泳ぐの速くて真横にさえ回りこめませんでしたが、やや後方から証拠写真だけ撮れました。上がって聞いてみたところ、オオメカマスなる初見のカマスでした。カマスは似ているのが多いので、水中で区別するの難しいです。 。



2010/03/21
慶良間諸島

 

inserted by FC2 system