マアジ
管理No
ac082-003
和名
マアジ
学名
Trachurus japonicus
分類
条鰭綱/スズキ目/アジ科/マアジ属
大きさ
全長40cm
分布
日本各地。東シナ海、朝鮮半島。
生息域
大陸棚域をふくむ沖合から沿岸の中・下層。
解説
○体は細長く側扁し、背方は暗青褐色から黄褐色、腹方は銀白色。稜鱗が側線の全域に有る。
○マアジ属の稜鱗は側線のすべて、鰓蓋の直後から尾柄まで続いている。また、側線が体側中央で大きなカーブを描いて体の背側から中央におりてくる。よく似たマルアジはムロアジ属になり、ムロアジ属の側線の特徴はカーブが緩いこと、そして稜鱗は側線後半の直走部にのみある。またムロアジ属は尾柄部に小離鰭が1対ある。マアジ属に小離鰭はない。マアジの体は平たく、マルアジの体は丸い。マアジは赤っぽく、マルアジは青っぽい。

マアジ(yg)  4cm  -7m
2009/05/04  西伊豆 浮島 ビーチ
Canon EOS KissDigitalN 60mm

浅瀬の砂地でマアジのおチビさんが数匹群れていました。最初見た時は何の幼魚かわからなかったのですが、写真を見てみるとマアジの幼魚みたいでした。こんな所で見れるんですね。

マアジ  15cm  -10m
2006/01/08  東伊豆 川奈 ビーチ
Canon EOS KissDigitalN 60mm

伊豆では定番のお魚で、時にすさまじい群で泳いでいるシーンに遭遇します。誰もが知っているお魚であり、見て思うことは「美味しそう」。見ても食べてもうれしい定番のお魚です。



2002/11/03
大瀬崎

2005/08/20
伊豆海洋公園

2006/01/08
川奈

2006/01/08
川奈

2007/04/15
川奈

2008/01/05
富戸

2008/01/05
富戸

2008/01/14
川奈

2008/04/12
八幡野

2008/07/18
川奈

2008/07/19
川奈

2009/05/04
浮島

2010/01/03
伊豆海洋公園

2010/04/11
伊豆大島

2010/11/28
大瀬崎

2010/12/30
大瀬崎

2011/02/12
須江

2012/05/01
柏島

2012/10/13
富戸

 

inserted by FC2 system