カスミアジ
管理No
ac082-004
和名
カスミアジ
学名
Caranx melampygus
分類
条鰭綱/スズキ目/アジ科/ギンガメアジ属
大きさ
全長80cm
分布
南日本。インド・太平洋域。
生息域
内湾や珊瑚礁などの沿岸域。
解説
○若魚は銀色、成魚は青緑色〜金色、それぞれ小黒点が散在し、第2背鰭、臀鰭、尾鰭は青く輝く。幼魚は胸鰭が黄色い。稜鱗が強く、全側線直走部を占める。第2背鰭,臀鰭前部が鎌状になる。
○カスミアジの幼魚は、河口にもあらわれるが、あまり河口にこだわらずに沖磯などにもつく。

カスミアジ  40cm  -6m
2008/08/01  石垣島 コーラルヘブン
Canon EOS KissDigitalN 100mm

南国に来ると、中層を群れて泳いでいることもあれば、今回のように単独でガレ場を泳ぎまくって餌を探しているところをよく見かけます。結構大きいし、見れると嬉しいんですが、ハゼとかスズメダイとか小さいもの撮影中に現れると、小物を引っ込めてしまうので邪魔者扱いになったりします・・・。

カスミアジ  40cm  -10m
2006/08/01  沖縄本島 ホーシュー
Canon EOS KissDigitalN 100mm

大物や群が良くまわってくることで有名なホーシューというポイントで、減圧停止中に見れました。今回は10匹ぐらいが群れていましたが、もっと大量に群れている時もあります。胸鰭が黄色いのでまだ幼魚だということがわかりますね。



2005/05/02
セブ島 バリカサグ

2006/08/01
沖縄本島

2007/08/02
奄美大島

2008/07/29
石垣島

2008/08/01
石垣島

2008/08/01
石垣島

2010/09/17
小笠原

2010/09/21
小笠原

2010/09/19
小笠原

 

inserted by FC2 system