シマヒメヤマノカミ
管理No
ac084-004
和名
シマヒメヤマノカミ
学名
Dendrochirus brachypterus
分類
条鰭綱/カサゴ目/フサカサゴ科/ヒメヤマノカミ属
大きさ
全長10cm
分布
伊豆半島以南,インド・太平洋海域。
生息域
潟湖の中の岩礁附近。
解説
○ヒメヤマノカミに似るが、頭部の棘や隆起の縁辺は鋸歯状で、胸鰭の横縞は赤褐色〜褐色で黒点列し、背鰭と臀鰭の軟条、尾鰭条には黒点が並ぶ。
○各鰭の棘に毒腺があり刺されると非常に痛む。

シマヒメヤマノカミ(yg)  2cm  -5m
2013/06/21  浜島サンドガーデン
Canon EOS 7D 100mm

浜島の綺麗な砂地で超チビのシマヒメヤマノカミが見られました。とーっても小さくて、鰭も小さくて、泳ぐ姿も必死さが伝わってきます。

シマヒメヤマノカミ  13cm  -10m
2007/10/21  高知県 柏島 後浜No1
Canon EOS KissDigitalN 100mm

立派なサイズのシマヒメヤマノカミがペアで見れたのですが、被写体が大きすぎて100mmでは並んでの撮影は無理でした。全開の鰭がとっても綺麗で、丸く広がった鰭が茶色と黄色の縞々模様になっていてとても特徴的です。



2004/01/31
伊豆大島

2004/05/05
セブ島 マクタン

2005/07/30
柏島

2007/10/21
柏島

2008/01/27
富戸

2008/01/27
富戸

2008/05/05
沖縄本島

2009/01/25
明金岬

2009/01/25
明金岬

2009/03/01
大瀬崎

2011/05/21
伊豆大島

2011/05/21
伊豆大島

2012/04/28
柏島

2013/06/21
石垣島

2013/06/21
石垣島

2014/05/03
柏島

2014/05/03
柏島

 

inserted by FC2 system