ウルマカサゴ
管理No
ac084-014
和名
ウルマカサゴ
学名
Scorpaenopsis papuensis
分類
条鰭綱/カサゴ目/フサカサゴ科/オニカサゴ属
大きさ
全長25cm
分布
和歌山県、琉球列島。〜インド・太平洋域。
生息域
岩礁域や珊瑚礁域。
解説
○胸鰭内側に顕著な顕著な色彩的特徴はない。最長背鰭棘は第3棘、臀鰭第2棘は第3棘より、やや長い。

ウルマカサゴ(yg)  6cm  -8m
2013/11/09  伊豆大島 秋の浜
Canon EOS 7D 100mm

段落ちの壁に付いていたウルマカサゴです。いまいち特徴がつかみづらいので、はっきりと判別ポイントが言えない。たまに出没するみたいなんですけどね。

ウルマカサゴ(yg)  4cm  -10m
2004/07/30  石垣島 黒島テラピー
Canon Power Shot S45

岩の隙間のせまっくるしい場所に、こいつがちょこんと居ました。何カサゴの幼魚か分からなかったのですが、とりあえず見たことがない種だと思われたので撮影しておきました。ガイドさんに聞くと、ウルマカサゴの幼魚とのことなのですが、図鑑を見ても今一特徴がわかりにくいです。カサゴ系は見分けが難しいので間違ってるかもしれません。



2004/07/30
石垣島

2013/11/09
伊豆大島

2013/11/09
伊豆大島

 

inserted by FC2 system