アブオコゼ
管理No
ac087-001
和名
アブオコゼ
学名
Erisphex pottii
分類
条鰭綱/カサゴ目/アブオコゼ科/アブオコゼ属
大きさ
全長15cm
分布
松島湾・新潟県以南;東シナ海。
生息域
浅海の砂質底
解説
○体色は淡褐色から黄褐色で、腹鰭をのぞく各鰭の先端が黒味がかる。眼の下と後方に鋭い棘がある。鱗は無く、体表は絨毛状。口は上向き。胸鰭の軟条は遊離しない。背鰭は1基で、前方で深く切れ込む。 。

アブオコゼ  13cm  -20m
2006/08/19  東伊豆 川奈 ビーチ
Canon EOS KissDigitalN 100mm

砂泥地を迷走中に、黒紫色の謎の生物を発見。顔つきからするとオコゼ系だと思うのですが、図鑑を見ても不明でした。何やら尻尾をやや上げ気味に振っていて、顔も上を向けて海老反り状態で泳ごうとしてるのだが、悲しいかな全然前には進まないのだ。
イボオコゼかな〜と思って、瀬能先生に聞いてみたところ「アブオコゼだと思います。イボオコゼはもっと細長いです。」とのことでした。



2006/08/19
川奈

2006/08/19
川奈

2006/08/19
川奈

 

inserted by FC2 system