エンマゴチ
管理No
ac091-003
和名
エンマゴチ
学名
Cymbacephalus beauforti
分類
条鰭綱/カサゴ目/コチ科/エンマゴチ属
大きさ
全長50cm
分布
伊豆,沖縄島以南,西部太平洋。
生息域
サンゴ礁域の砂底など。
解説
○間鰓蓋骨皮弁は大きく、後縁は波形を呈す。ワニゴチに似るが、眼の後方にくぼみがあり、眼上皮弁を多数もつ。

エンマゴチ  50cm  -15m
2003/12/29  ボルネオ マブール島 イールガーデン
Canon Power Shot S45

一見ワニゴチと似ていて区別するのが難しいのですが、写真をよーく拡大してみるとワニゴチには無い眼上皮弁が有り、エンマゴチだとわかります。伊豆にはどっちもいるようですが、ワニゴチは温帯で、エンマゴチは熱帯でよく見かけるような気がします。見慣れたお魚でもよく観察してみないとわからんですね。



2002/09/23
シパダン島

2003/12/29
マブール島

2003/12/29
マブール島

 

inserted by FC2 system