トラウツボ
管理No
ac098-003
和名
トラウツボ
学名
Muraena pardalis
分類
条鰭綱/ウナギ目/ウツボ科/トラウツボ属
大きさ
全長90cm
分布
南日本(沖縄島以南を除く)。インド・太平洋域。
生息域
沿岸の岩礁域。
解説
○前鼻孔と後鼻孔が鼻管になっている。特に後鼻孔の鼻管が長く、水中ではそれを鬼の角のように立てて呼吸する。両顎は細長く、湾曲していて完全に閉じられない。
○ウツボ類の歯は鋭く顎の力は強い。咬まれると非常に危険。

トラウツボ(yg)  15cm  -4m
2013/03/16  伊豆大島 秋の浜
Canon EOS 7D 100mm

浅場で石めくりしてたら、とっても小さなトラウツボが出てきました。いつも50cm越えの巨大な奴しか見たこと無かったのですが、このぐらい小さいと可愛いもんです。まだ歯も小さいですね。

トラウツボ  60cm  -15m
2002/10/26  八丈島 ナズマド
Canon Power Shot S40

ごっつい角に、ごっつい牙があり、かなり強烈なお顔のトラウツボ。いつ見ても、こっちを睨みつけるような感じで、歯を剥き出しにして威嚇していて、トラより怖い顔です。こんなのに噛まれたらさぞ痛いだろうな〜と思うのだが、ダイバーが噛まれたというお話は聞いたことありませんね。



2001/11/03
大瀬崎

2002/10/26
八丈島

2006/12/30
大瀬崎

2008/08/23
大瀬崎

2010/01/09
大瀬崎

2010/02/07
大瀬崎

2012/04/30
柏島

2012/09/05
柏島

2013/03/16
伊豆大島

2014/08/24
伊豆大島

2014/12/22
伊豆大島

 

inserted by FC2 system