タカマユウツボ
管理No
ac098-016
和名
タカマユウツボ
学名
Anarchias seychellensis
分類
条鰭綱/ウナギ目/ウツボ科/タカマユウツボ属
大きさ
全長29cm
分布
伊豆半島、小笠原諸島;〜インド・西部太平洋、イースター島
生息域
沿岸岩礁域
解説
○眼の上の開口は後鼻孔で2つある。ホシキカイウツボは1つで区別可能。

タカマユウツボ  5cm  -8m
2011/05/21  伊豆大島 秋の浜
Canon EOS 7D 100mm

秋の浜を探索中、石の隙間でえらく小さなウツボを発見。全長は約5cm位で、すんげー小さい。何ウツボかもわからず、とりあえず撮影しておきました。とにかく小さくて細くて、隙間に逃げ込もうとするので撮影は困難ですが、何とか全身も撮れました。帰って調べてみると、大きさや、顔の周りの白点からタカマユウツボなる種だとわかりました。似た奴でホシキカイウツボというのもいるそうですが、マユが違うそうです。手持ちの図鑑だと詳細が載っていないので、詳細は魚類検索3版まちやな。



2008/10/04
伊豆大島

2011/05/21
伊豆大島

2011/05/21
伊豆大島

2011/07/16
富戸

2011/07/16
富戸

2012/06/16
伊豆海洋公園

2014/03/15
伊豆大島

2014/12/22
伊豆大島

2014/12/22
伊豆大島

 

inserted by FC2 system