ヒオドシベラ
管理No
ac101-007
和名
ヒオドシベラ
学名
Bodianus anthioides
分類
条鰭綱/スズキ目/ベラ科/タキベラ属
大きさ
全長23cm
分布
相模湾以南,インド・西太平洋域。
生息域
水深20m前後の岩礁・サンゴ礁域。
解説
○尾柄部から尾鰭の上下に黒色帯が伸びる。幼魚は体の前半が橙色で、尾鰭が長い。

ヒオドシベラ(yg)  4cm  -25m
2011/05/04  八丈島 ナズマド
Canon EOS 7D 100mm

こちらは小さめの個体で、別の大き目の個体と一緒に元気に泳ぎまわっていました。やはり小さい奴は人気者で、みんなで追い掛け回しましたが、かなりの激流で苦戦しました。

ヒオドシベラ  6cm  -25m
2011/05/04  八丈島 ナズマド
Canon EOS 7D 100mm

激流のナズマドで2個体のヒオドシベラが見れました。こちらは大きいほうで若魚くらいですね。チビのほうが断然可愛いので、こっちは人気薄です。

ヒオドシベラ(yg)  1.5cm  -15m
2006/05/03  沖縄本島 瀬良垣アウトリーフ
Canon EOS KissDigitalN 60mm

昨年の6月頃に全く同じ場所で、また幼魚が見れました。しかも去年より1月ほど時期が早かったせいか、さらにサイズが小さくて、内臓や骨まで透けているスケルトンボディでした。一眼でも撮影が困難な状況でしたが、とにかく粘って粘って撮影しまくりでした。

ヒオドシベラ(yg)  3cm  -15m
2005/06/11  沖縄本島 瀬良垣アウトリーフ アンカー
Canon Power Shot S45

みんなのアイドルのヒオドシベラの幼魚を初めて見ました。前々から見たいとは思っていたのですが、リクエストしてようやく見せてもらいました。白っぽい体に苺をちりばめた、アイドルっぽいお姿でした。ドロップオフの少し流れがある所での撮影だったので、コンパクト機ではこれで限界です。

ヒオドシベラ  15cm  -15m
2004/12/30  久米島 リュウグウ
Canon Power Shot S45

ヒオドシベラつったら、南方系のアイドルってイメージなのですが、それは幼魚の頃の話であって、ここまで成長してしまうと、可愛さのかけらも有りません。赤と白で斜め半分に分かれていて、かなり特徴的なお魚です。



2004/12/29
久米島

2005/06/11
沖縄本島

2006/04/29
沖縄本島

2006/04/29
沖縄本島

2006/05/02
沖縄本島

2006/05/02
沖縄本島

2006/05/02
沖縄本島

2011/05/04
八丈島

2011/05/04
八丈島

2011/05/04
八丈島

2011/05/04
八丈島

2011/05/04
八丈島

2014/09/21
屋久島

 

inserted by FC2 system