スミツキベラ
管理No
ac101-008
和名
スミツキベラ
学名
Bodianus axillaris
分類
条鰭綱/スズキ目/ベラ科/タキベラ属
大きさ
全長22cm
分布
伊豆半島以南,インド・西太平洋域。
生息域
水深10m前後のサンゴ礁域。
解説
○胸鰭の基部、背鰭と臀鰭の軟条部に大きな円い黒斑がある。幼魚は黒い体側と尾柄部の上下に大きく白い斑点があり、吻端も白色。

スミツキベラ(yg)  3cm  -28m
2012/08/05  八丈島 ナズマド
Canon EOS 7D 100mm

とってもチビのスミツキベラがあちこちで見られました。パンダ柄で可愛い奴ですが、非常にピントが合わせにくく撮りにくい奴です。

スミツキベラ  15cm  -10m
2008/02/10  沖縄本島 ゴリラチョップ
Canon EOS KissDigitalN 60mm

ベラっていうとちょっとマニアックなダイバーからしか注目を浴びなかったりするのですが、以外と綺麗な個体が多いんですよね。このスミツキも紅白の体に眼状斑と、結構派手で綺麗なお姿だったりするのですが、やはり見向きもされなかったりします。

スミツキベラ(yg)  5cm  -15m
2004/12/29  久米島 アウトリーフ
Canon Power Shot S45

このベラも成魚と幼魚で姿がかなり異なります。つーか、あまりにも違いすぎて、どういう成長過程を辿るのか見てみたいです。普通は幼魚のほうがフォトジェニックな奴が多いのですが、こいつは成魚のほうが派手で綺麗ですね。



2004/09/26
伊豆大島

2004/12/26
久米島

2004/12/29
久米島

2007/05/01
八丈島

2008/02/10
沖縄本島

2008/11/01
西表島

2009/08/02
石垣島

2009/08/02
石垣島

2009/11/21
伊豆大島

2010/03/21
慶良間諸島

2010/09/23
小笠原

2012/08/03
八丈島

2012/08/05
八丈島

2012/12/22
石垣島

 

inserted by FC2 system