イトベラ
管理No
ac101-022
和名
イトベラ
学名
Suezichthys gracilis
分類
条鰭綱/スズキ目/ベラ科/イトベラ属
大きさ
全長17cm
分布
南日本、小笠原。朝鮮半島、東シナ海、南シナ海、オーストラリア南東部。
生息域
岩礁や砂礫域。
解説
○体側に赤橙色縦帯が走る。尾鰭の上下両葉に淡色部があり、尾の内側に暗色部がある。また尾鰭基部に1黒色点がある。雄と雌の体色差はほとんどないが、雄には背鰭最前部に1黒色点があり、また尾鰭に模様がある。
○内湾の岩礁域や転石まわりの砂底にすみ、危険を感じたときや休息時には砂に潜る習性がある。

イトベラ(yg)  4cm  -15m
2009/01/11  西伊豆 大瀬崎 湾内
Canon EOS KissDigitalN 60mm

伊豆大島では超定番のイトベラのチビちゃんです。定番すぎて、あんま小さいの撮ってなかったので、ちゃんと撮ってみました。赤いラインがくっきりで綺麗です。

イトベラ(雄型)  15cm  -10m
2009/01/11  西伊豆 大瀬崎 湾内
Canon EOS KissDigitalN 60mm

色がはっきりした雌型がいるなーと思って撮影してたんですが、よく見てみたら雄型でした。非常に良く似ているのですが、御姿は背鰭の最前部に1黒色点があって、尾鰭に柄もあります。ここまで意識して見てる人は少ないでしょうね。

イトベラ(雄型 婚姻色)  15cm  -10m
2009/01/11  西伊豆 大瀬崎 湾内
Canon EOS KissDigitalN 60mm

大瀬の湾内をセルフダイブ中、色が薄いちょっと見慣れないベラが泳いでいたので撮影しておきました。調べてみたら、イトベラの雄型が婚姻色に染まっている奴でした。雌型は何度も撮っていたのですが、何気に雄型は初撮影でした。しかし、どー見ても婚姻色のほうが地味なんですが、これでアピールできるんですかね。

イトベラ(雌型)  10cm  -10m
2007/12/09  西伊豆 大瀬崎 湾内
Canon EOS KissDigitalN 60mm

伊豆の海で普通に見られるお魚ですが、まあ見てのとおりのお姿で、地味なベラはあまりダイバーには追いかけられなかったりするので、私も撮影する機会はほとんどありません。体側に赤色縦帯が入るので見分けは簡単です。雄型は背鰭に1黒色点が入るそうですが、こいつは無いので雌型の個体です。



2004/01/31
伊豆大島

2005/12/27
大瀬崎

2006/12/30
大瀬崎

2007/08/12
富戸

2007/10/21
柏島

2007/12/09
大瀬崎

2009/01/10
大瀬崎

2009/01/11
大瀬崎

2009/01/11
大瀬崎

2014/10/25
伊豆大島

2014/11/09
大瀬崎

2014/11/22
伊豆大島

2014/11/23
伊豆大島

2014/12/22
伊豆大島

 

inserted by FC2 system