ノドグロベラ
管理No
ac101-025
和名
ノドグロベラ
学名
Macropharyngodon meleagris
分類
条鰭綱/スズキ目/ベラ科/ノドグロベラ属
大きさ
全長12cm
分布
三宅島、和歌山県以南、小笠原。〜中部太平洋。
生息域
砂礫や岩礁域。
解説
○体高は高く、よく側扁する。雄は暗緑色の地に、黄緑色の斑点が縦列気味に並び体側いっぱいに散らばる。雌は黒っぽい斑点が、体側いっぱいに拡がり、斑点の間の淡色が網目模様に見える。各鰭は赤っぽい。幼魚は背鰭と臀鰭軟条部に黄色く縁取りされた眼状斑がある。
○雌雄の斑紋や色彩がまったく違い、雌は「ゴイシベラ」という別種とされていたこともあったので注意。
○夜や危ないときは砂に潜る。

ノドグロベラ(yg)  3cm  -15m
2009/11/01  八丈島 底土
Canon EOS KissDigitalN 100mm

まるで木の葉のように海の浅瀬を漂っていました。小さくても何とも変わったお姿で、鰭にある眼状斑が本物の目に見え、横から見ると三つ目に見えます。こうやって身を守っているのですね。すぐ側にはセジロノドグロベラygも漂ってました。

ノドグロベラ(♂)  13cm  -15m
2007/07/01  高知県 柏島 勤崎
Canon EOS KissDigitalN 100mm

今までにも何度もお目にかかってはいるはずなんですが、撮影するのは初めてとなるノドグロベラの♂です。暗緑色地に、黄緑斑が体側いっぱいに並んでいて、♀の個体とはだいぶ印象が異なりますね。

ノドグロベラ(♀)  8cm  -15m
2005/05/05  セブ リロアン イラク
Canon Power Shot S45

♂と♀でお姿が全く違うらしいノドグロベラですが、ygと♀は似ていてよく見かけるのですが、♂のほうは見たことがありません。♀もかなり特徴的な体で、体が網目模様に見えます。



2003/12/06
伊豆大島

2005/05/05
セブ島 リロアン

2006/05/05
沖縄本島

2006/05/04
沖縄本島

2006/08/02
沖縄本島

2007/07/01
柏島

2008/10/12
伊豆海洋公園

2009/11/01
八丈島

2010/11/07
柏島

2011/09/29
セブ島 マクタン

2012/11/18
伊豆大島

2013/06/18
西表島

2014/06/21
石垣島

2014/06/25
石垣島

2014/09/23
屋久島

 

inserted by FC2 system