コガシラベラ
管理No
ac101-028
和名
コガシラベラ
学名
Thalassoma amblycephalum
分類
条鰭綱/スズキ目/ベラ科/ニシキベラ属
大きさ
全長15cm
分布
相模湾以南。〜インド・中部太平洋域。
生息域
浅いサンゴ礁域。
解説
○体高は低い。幼魚と雌の体色は白く、吻から眼を通り尾柄部にいたる目立つ黒色縦線がある。雄の頭部は緑色で、胸鰭付近では太い黄色横帯、もしくは淡色横帯になり、体側は赤い。尾鰭の上下葉はのびる。
○成長に伴う体色変化が著しく、幼魚は「ミスジベラ」、老成した雄は「クロガシラベラ」という別種にされていたこともあるので注意。

コガシラベラ(yg)  2cm  -5m
2011/07/30  東伊豆 伊豆海洋公園 送り出し
Canon EOS 7D 100mm

夏ぐらいになるとコガシラベラとちらほら見かけるようになるのだが、えらいチビちゃんが見られました。全然じっとしててくれなくて、浅場のうねりもあって、撮影は困難でした。

コガシラベラ(♂)  12cm  -8m
2010/03/20  慶良間諸島 佐久原漁礁
Canon EOS KissDigitalN 100mm

結構普通に見れるだけになかなかカメラが向けられない魚だったりします。成長に伴う体の色の変化が著しく、同じ種とは思えないほどです。こいつはかなり大きくて、胸鰭付近に太い淡色横帯が入っている♂の個体です。

コガシラベラ(yg)  3cm  -5m
2006/08/01  沖縄本島 ショルダーパッド
Canon EOS KissDigitalN 100mm

このくらいの小さいサイズの奴は浅瀬にやったらと沢山群れているのを見かけます。かなり数は多いのですが、浅く揺れているところでよく見かけるにで、意外と撮影は大変です。ygの頃と成魚の♂♀で、全部見た目が違います。ygの頃は体色が白く、黒色縦線があります。ygは伊豆でも見れるそうです。

コガシラベラ(♀)  10cm  -10m
2006/05/01  伊豆大島 秋の浜
Canon EOS KissDigitalN 60mm

ygはやったら沢山群れているところを見かけますが、成魚はたまーに見かけます。ygとも♂とも姿がだいぶ異なり、体上半分が緑で、下半分が白です。



2005/11/19
屋久島

2006/05/01
沖縄本島

2006/07/30
沖縄本島

2006/08/01
沖縄本島

2007/10/19
柏島

2007/12/09
大瀬崎

2010/03/21
慶良間諸島

2010/03/21
慶良間諸島

2010/07/17
伊豆大島

2010/11/05
柏島

2011/07/30
伊豆海洋公園

2011/10/23
大瀬崎

 

inserted by FC2 system