ニシキイトヒキベラ
管理No
ac101-046
和名
ニシキイトヒキベラ
学名
Cirrhilabrus exquisitus
分類
条鰭綱/スズキ目/ベラ科/イトヒキベラ属
大きさ
全長12cm
分布
伊豆半島以南からインド・西部太平洋。
生息域
水深30m以浅の岩礁域・サンゴ礁域
解説
○幼魚と雌の体色には大きな変化が無く、雄になって初めて変化が現れる。雄は日本で見られる10種類のイトヒキベラ属の中で唯一、尾柄部の黒斑を残し、激しく求愛する時だけ消失する。老成すると尾柄部の黒斑は消え、頭部や体側の青色線がさらに鮮明になる。

ニシキイトヒキベラ(yg)  2cm  -10m
2012/08/04  八丈島 ナズマド
Canon EOS 7D 100mm

ニシキイトヒキベラのチビちゃんが2匹見れました。何気にこのサイズは初めて見ましたが、なかなか綺麗ですね。他のイトヒキベラの幼魚と良く似てて、区別が難しいですが、鼻の白と、尾柄の黒斑とかで区別ができます。

ニシキイトヒキベラ(♂婚姻色)  8cm  -10m
2010/03/20  慶良間諸島 中内瀬
Canon EOS KissDigitalN 100mm

ちょっと広めのガレ場でやたら沢山のニシキイトヒキベラがびゅんびゅん泳ぎまくって♀にアピってました。綺麗な婚姻色に染まっているのですが、めっちゃスピードが速く、撮るのはかなりしんどいのだ。婚姻色は初めて見たのだが、夏はもっと綺麗になるとか、しかも数もずっと多いとか。また撮りに来なくては。

ニシキイトヒキベラ(♂)  8cm  -10m
2009/08/05  西表島
Canon EOS KissDigitalN 100mm

比較的浅い場所でトモシビが乱舞していて必死に追っかけていたら、何とニシキまでいました。2匹が猛烈なスピードで泳ぎ回っていたので、かなり必死になって追いかけて撮影しました。この♂の個体は移動中に、尾の黒斑が出たり消えたりしてて、求愛していたのかもしれません。久々に見れて嬉しい被写体でした。

ニシキイトヒキベラ(♀)  6cm  -15m
2005/11/21  屋久島 一湊タンク下
Canon Power Shot S45

ベラは正直ってあまり興味が無かったのですが、イトヒキベラの婚姻色を見てから、イトヒキベラ属に非常に興味を持ち出しました。ここ屋久島ではイトヒキベラ系がほぼ全部見れるということで、色々と見せてもらった内の1種です。結構動きが速くてコンパクト機にはつらいですが、何とか一枚だけ撮影できました。まだ性転換する前の♀の個体で、色がピンク色っぽくて、♂だともっと青っぽいです。



2005/11/21
屋久島

2009/08/05
西表島

2009/08/05
西表島

2010/03/20
慶良間諸島

2010/08/07
柏島

2010/11/05
柏島

2010/11/05
柏島

2011/05/03
八丈島

2011/12/30
伊豆大島

2011/12/30
伊豆大島

2012/08/04
八丈島

2012/08/04
八丈島

 

inserted by FC2 system