ツキノワイトヒキベラ
管理No
ac101-047
和名
ツキノワイトヒキベラ
学名
Cirrhilabrus lunatus
分類
条鰭綱/スズキ目/ベラ科/イトヒキベラ属
大きさ
全長13cm
分布
小笠原諸島,沖縄島。
生息域
水深30〜50mの岩礁・サンゴ礁域。
解説
○雄の尾鰭は極端に湾入し、尾鰭の両葉は著しく伸びる。雌の尾鰭の後縁は丸く、橙赤色の体に数本の白色縦線が入る。

ツキノワイトヒキベラ(♀)  8cm  -30m
2012/04/28  高知県 柏島 レッドロック
Canon EOS 7D 100mm

このポイントはイトヒキベラ系がわんさか見れ、このツキノワも♂♀yg全部普通に見れちゃいます。♂に比べるとかなり地味ですが、それでも綺麗なベラです。泳ぎ回っていることが多いのですが、今回は比較的大人しかったので楽に撮れました。

ツキノワイトヒキベラ(ピンテールフェアリーラスとのハイブリッド)  8cm  -30m
2010/08/06  高知県 柏島 勤崎
Canon EOS KissDigitalN 100mm

ツキノワイトヒキベラとピンテールフェアリーラスの両方の特徴を持っている、ハイブリッドと思われる個体です。以前にも同じような個体を見たことがあるので結構ハイブリッドも多いのかも。

ツキノワイトヒキベラ(yg)  3cm  -15m
2009/08/02  石垣島 大崎 ミノカサゴ宮殿
Canon EOS KissDigitalN 100mm

ツキノワのチビちゃんで、体には白いラインが残っています。チビは結構群れていることが多く、これよりもう少しチビの可愛い奴もいたのですが、岩陰に逃げ込まれ撮影はできませんでした。小さい奴ほどナイスな被写体です。

ツキノワイトヒキベラ(♂)  9cm  -30m
2008/05/06  沖縄本島 瀬良垣アウトリーフ
Canon EOS KissDigitalN 100mm

ちょい深場の地帯で、クロヘリイトヒキベラが沢山乱舞していました。その中にクジャクベラの♂が2個体と、ツキノワイトヒキベラの♂が1個体だけ混じってました。クジャクはものすごいスピードで泳ぎまくってて、完全諦めモードで、ツキノワのほうを追っかけてみました。深い色がとても美しく奴で、深場なんですが暫く見とれてました。



2004/07/29
石垣島

2005/11/18
屋久島

2006/08/04
沖縄本島

2006/08/04
沖縄本島

2006/08/04
沖縄本島

2006/08/04
沖縄本島

2007/06/30
柏島

2008/05/06
沖縄本島

2008/05/06
沖縄本島

2008/10/31
西表島

2008/11/01
西表島

2009/08/02
石垣島

2009/08/04
西表島

2009/08/04
西表島

2009/08/04
西表島

2010/08/06
柏島

2010/11/06
柏島

2011/05/04
八丈島

2012/04/28
柏島

2012/05/01
柏島

2012/08/04
八丈島

2012/09/05
柏島

2012/09/06
柏島

2012/09/06
柏島

2012/11/03
伊豆大島

2012/12/29
伊豆大島

2013/06/17
西表島

2014/05/05
柏島

2014/09/22
屋久島

2014/09/23
屋久島

ハイブリッド

ツキノワイトヒキベラ(ピンテールフェアリーラスとのハイブリッド)  8cm  -30m
2010/08/06  高知県 柏島 勤崎
Canon EOS KissDigitalN 100mm

ツキノワイトヒキベラとピンテールフェアリーラスの両方の特徴を持っている、ハイブリッドと思われる個体です。以前にも同じような個体を見たことがあるので結構ハイブリッドも多いのかも。



2010/08/06
柏島
(ツキノワ+ピンテール)

2010/08/06
柏島
(ツキノワ+ピンテール)

2010/11/05
柏島
(ツキノワ+ピンテール)

 

inserted by FC2 system