タコベラ
管理No
ac101-058
和名
タコベラ
学名
Oxycheilinus bimaculatus
分類
条鰭綱/スズキ目/ベラ科/ホホスジモチノウオ属
大きさ
全長12cm
分布
相模湾以南。インド・太平洋域。
生息域
浅い岩礁やサンゴ礁域の礁湖や藻場。
解説
○成魚の尾鰭の上下葉と後端がのびて三つ又になるのが特徴。胸鰭先端付近に1黒色斑があり、背鰭前部の中央が黒っぽくなる。地域的な色彩変異が多い。

タコベラ(yg)  2cm  -3m
2013/06/21  浜島サンドガーデン
Canon EOS 7D 100mm

タコベラの幼魚が見られました。大きさは2cmくらいといったところでしょうか。何度も見ているお魚ですが、一番小さな個体でした。

タコベラ(♂闘争)  10cm  -8m
2010/08/06  高知県 柏島 勤崎
Canon EOS KissDigitalN 100mm

ベラの闘争は良く見かけますが、こんな感じで鰭全開で喧嘩します。お互い俺のほうが大きいんだぞと言わんばかりです。こういう時は暫くこんな感じなので、絶好のシャッターチャンスです。

タコベラ(♂闘争)  10cm  -8m
2010/08/06  高知県 柏島 勤崎
Canon EOS KissDigitalN 100mm

♂のタコベラ2匹が臨戦体勢でバトッてました。背鰭を広げて対峙し、たまに大口開けて突っ込んできます。なかなかの迫力でした。

タコベラ(yg)  4cm  -15m
2007/10/18  高知県 柏島 後浜No1
Canon EOS KissDigitalN 100mm

モチノウオ系のチビだろうな〜と思って撮影していたのですが、調べてみるとタコベラの幼魚でした。タコベラといえば三つ又の尾鰭が特徴のベラなので見ればすぐにわかるつもりだったのですが、幼魚の頃は丸まってるんですね。伊豆でもいるんでしょうけど、このステージは初撮影でした。

タコベラ(♂)  12cm  -15m
2005/10/12  伊豆大島 秋の浜
Canon Power Shot S45

北から南まで見れるお魚ですが、それほど遭遇率は高くありません。尾鰭がかなり特徴的で三つ又になっているので、一度見たら忘れません。個人的に結構お気に入りのお魚だったりします。こいつは真っ赤な個体で鰭全開です。地位的な色彩変異が多いようで、見るたびに色が異なります。



2005/09/18
川奈

2005/10/12
伊豆大島

2005/11/17
屋久島

2006/04/30
沖縄本島

2007/10/18
柏島

2007/11/24
伊豆海洋公園

2007/11/24
伊豆海洋公園

2008/10/03
伊豆大島

2008/11/01
西表島

2009/11/02
八丈島

2010/08/06
柏島

2010/08/06
柏島

2010/08/06
柏島

2012/11/18
伊豆大島

2014/05/01
柏島

2013/06/21
石垣島

2013/06/21
石垣島

 

inserted by FC2 system