オビテンスモドキ
管理No
ac101-060
和名
オビテンスモドキ
学名
Novaculichthys taeniourus
分類
条鰭綱/スズキ目/ベラ科/テンスモドキ属
大きさ
全長25cm
分布
和歌山県、八丈島、小笠原、奄美大島以南。〜インド・太平洋域。
生息域
砂礫域。
解説
○体は側扁する。頭部は白く眼の回りに放射状の細い黒色線が走る。体側は黒く白色小斑点がちらばる。尾鰭は前方に白色横帯、後方に黒色横帯がある。腹鰭は短く肛門に達しない。
○幼魚の体色斑紋は全く異なり、褐色の体に暗色横帯と白色円斑が交互に並ぶ。背鰭の前2棘が旗の用に長くのびて、全体では海藻のように見える。眼の回りに白色の放射状線が入る。

オビテンスモドキ  10cm  -2m
2013/06/26  石垣島 竹富東
Canon EOS 7D 100mm

超浅場で、若魚くらいのステージがふらふら漂っていたので、一人撮影してました。黒の模様がえらく濃くて、二本角もあり、何か迫力あります。。

オビテンスモドキ(yg)  2cm  -2m
2013/06/26  石垣島 竹富東
Canon EOS 7D 100mm
Canon EOS KissDigitalN 60mm

激浅のポイントを探索中にスケルトンボディのオビテンスモドキを発見。当然、こんな小さいのは今までに見たことがなく、みんなで撮影なのだが、とにかくゆらゆら動き、すぐに海藻やら、珊瑚に隠れてしまい、まともに撮れない。何とか1枚だけ撮れました。

オビテンスモドキ  20cm  -6m
2013/06/25  石垣島 米原 プカピー南
Canon EOS 7D 100mm
Canon EOS KissDigitalN 60mm

オビテンスモドキの立派な成魚に遭遇。ここまで大きくなった奴を見たのは初めてでした。たぶん南国ではそれほど珍しいわけではないと思いますが、個人的にはうれしい獲物でした。

オビテンスモドキ(yg)  3cm  -3m
2012/01/29  東伊豆 伊豆海洋公園 送り出し
Canon EOS 7D 100mm
Canon EOS KissDigitalN 60mm

大うねりの送り出しで、ちっさいオビテンスモドキを発見。こんな小さいのは初めてで、一人興奮して撮っていました。チビは可愛いね。

オビテンスモドキ  15cm  -15m
2005/05/04  セブ リロアン マリンビレッジハウスリーフ
Canon Power Shot S45

ygは何度か見たことがあった(と言っても写真は全て撃沈)のですが、こんなに大きくなった奴は初めて見ました。ygとはだいぶ姿形が異なりますが、ygの特徴もまだ残っていて若魚くらいのステージだと思われます。



2005/05/04
セブ島 リロアン

2007/05/02
八丈島

2007/05/02
八丈島

2010/03/21
慶良間諸島

2012/01/29
伊豆海洋公園

2012/01/29
伊豆海洋公園

2012/08/05
八丈島

2012/08/05
八丈島

2013/06/25
石垣島

2013/06/26
石垣島

2013/06/26
石垣島

 

inserted by FC2 system