テンスモドキ
管理No
ac101-061
和名
テンスモドキ
学名
Xyrichtys woodi
分類
条鰭綱/スズキ目/ベラ科/テンス属
大きさ
全長18cm
分布
相模湾以南。台湾、ハワイ諸島。
生息域
水深30m以上のやや深い砂泥底。
解説
○体側に目立つ斑紋はなく、幅広い淡色縦帯が2本ある。背鰭の前2棘が短い。体色は淡紅色、赤褐色、淡緑色など変異が大きい。

テンスモドキ  6cm  -40m
2012/09/03  鵜来島 浦の口
Canon EOS 7D 100mm

鵜来島の海で赤いラインの入ったテンスが居たのでみんなで撮影。ガイドも不明とのことだったので、瀬能先生に聞いてみたら、テンスモドキでした。色はころころ変わるみたいです。さらに深い所にほぼ一色のも居たのですが、そちらもテンスモドキでした。ここでは普通種のようです。

テンスモドキ  15cm  -20m
2009/11/01  八丈島 底土
Canon EOS KissDigitalN 100mm

底土の奥の砂地でテンス系がたっくさん見れました。テンスモドキも多く、若魚くらいから成魚まで見れました。これはほぼ成魚サイズで、赤色が綺麗です。良い感じの背鰭も広げてて、良い図鑑写真になりました。

テンスモドキ(yg)  4cm  -15m
2008/06/15  西伊豆 大瀬崎 柵下
Canon EOS KissDigitalN 60mm

斜面の砂地で小さなテンスモドキだけがふらふらと泳いでいました。なかなか度胸満点で寄っても逃げず、かなり寄れるので大きく撮れました。何と言うか特徴らしい特徴が見当たら地味な奴ですね。

テンスモドキ  10cm  -10m
2007/03/23  東伊豆 富戸 ヨコバマ
Canon EOS KissDigitalN 60mm

真っ白な砂地の上を水色のお魚がすいすい泳ぎ回っていました。正直、こんな色のお魚は初めて見ました。調べてみるとテンスモドキの若魚くらいの個体のようでした。砂地だとこんな色になっちゃうんですね。

テンスモドキ(yg)  2cm  -10m
2007/03/23  八丈島 旧八重根港
Canon EOS KissDigitalN 60mm

ちょうど2年位前にこれより一回りくらい大きい個体を大島で見たことがありましたが、こんな小さいのは初めて見ました。ガイドさんも驚きの大きさでした。見ての通りygの頃は旗がぴょこんと立っていて、成魚なんかより見ごたえがありますね。砂に潜るまでじっくりと撮影しちゃいました。

テンスモドキ  13cm  -20m
2006/11/19  伊豆大島 秋の浜
Canon EOS KissDigitalN 100mm

砂地の海藻の側で赤っぽい、結構派手なお魚がへんてこな舞をしてました。実に久々に見れたテンスモドキでした。大島以外で見た記憶がありませんね。色は派手ですが、今一特徴らしい特徴がないんで、説明が難しいんですよね。

テンスモドキ  7cm  -20m
2004/10/02  伊豆大島 秋の浜
Canon Power Shot S45

砂地の海藻の側で見慣れないベラ系のお魚が一匹だけで、ふらふらしていました。何とも特徴が少なくてわかりにくいのですが、どーやらテンスモドキっぽいです。ygともいえない、若魚くらいのステージです。



2004/03/27
伊豆大島

2004/10/02
伊豆大島

2005/03/26
伊豆大島

2006/11/19
伊豆大島

2007/03/23
八丈島

2007/03/23
八丈島

2007/03/23
八丈島

2007/08/12
富戸

2008/06/15
大瀬崎

2008/06/15
大瀬崎

2008/06/29
伊豆大島

2008/06/29
伊豆大島

2008/06/29
伊豆大島

2008/07/12
伊豆海洋公園

2008/07/12
伊豆海洋公園

2008/12/13
伊豆大島

2009/11/01
八丈島

2009/11/01
八丈島

2009/11/01
八丈島

2010/06/21
伊豆海洋公園

2010/09/21
小笠原

2010/09/21
小笠原

2012/07/16
伊豆海洋公園

2012/07/16
伊豆海洋公園

2012/09/03
鵜来島

2012/09/03
鵜来島

2012/09/03
鵜来島

2012/09/03
鵜来島

2012/09/03
鵜来島

2012/09/03
鵜来島

 

inserted by FC2 system