ヒトスジモチノウオ
管理No
ac101-072
和名
ヒトスジモチノウオ
学名
Oxycheilinus unifasciatus
分類
条鰭綱/スズキ目/ベラ科/ホホスジモチノウオ属
大きさ
全長40cm
分布
八丈島、高知県、奄美大島以南。〜中部太平洋。
生息域
浅いサンゴ礁域の潮通しがよい場所。
解説
○頬に数条の桃色斜走帯があり、眼の後ろから鰓蓋の後部にいたる同色の縦帯がある。尾柄前部に背鰭から臀鰭にいたる淡色横帯があるが、不明瞭な個体もある。環境によって色彩や斑紋を変える。
○ホホスジモチノウオとよく似るが、ホホスジモチノウオは眼の後ろの縦帯は鰓蓋後部に達せず、背鰭棘の鰭膜は切れこむのに対し、ヒトスジモチノウオは眼の後ろの縦帯は鰓蓋後部に達し、背鰭棘の鰭膜は切れこまない。

ヒトスジモチノウオ(yg)  4cm  -15m
2014/06/25  石垣島 大崎 ハマサンゴ
Canon EOS 7D 100mm

珊瑚の周りをゆっくりとくねらせながら泳いでいる、ひょろ長いモチノウオ系のygを見つけました。ygの頃は判別するのが非常に困難なのですが、目の周りのラインから判断すると、ヒトスジモチノウオのようです。

ヒトスジモチノウオ  8cm  -6m
2006/07/31  沖縄本島 瀬良垣アウトリーフ
Canon EOS KissDigitalN 100mm

ヒトスジモチノウオの若魚くらいの奴が浅場の珊瑚の周りをふらふらしてました。見てると尾鰭を閉じたり開いたりしたので、開いた瞬間を狙って撮りました。なんとも地味な奴ですね。



2006/07/31
沖縄本島

2008/02/10
沖縄本島

2008/05/07
沖縄本島

2013/06/16
西表島

2013/06/18
西表島

2014/06/25
石垣島

2014/09/25
屋久島

2012/12/23
石垣島

 

inserted by FC2 system