クマドリキュウセン
管理No
ac101-096
和名
クマドリキュウセン
学名
Halichoeres argus
分類
条鰭綱/スズキ目/ベラ科/キュウセン属
大きさ
全長12cm
分布
琉球列島;東インド・西太平洋。
生息域
礁湖のような波の穏やかな浅海に多い。
解説
○雄型では頭部の斑紋が不規則かつ複雑で、胸鰭基底上部に黒斑が無く、尾鰭に黒色部がある。
○雌型は腹部が白味が強く、体側の縦帯が不明瞭だが、成長に従い網目模様をつくる。若い雌の個体には背部に小さな白色斑が数個と背鰭と尾柄上部に黒い眼状斑が入る。

クマドリキュウセン(雄型)  12cm  -3m
2013/06/26  石垣島 竹富東
Canon EOS 7D 100mm

クマドリキュウセンの雄が見れました。日本だと珍しい種なのですが、石垣や西表の浅場でたまに見かけます。結構ねばって追いかけて、何とかまともに撮れました。

クマドリキュウセン(雌型)  6cm  -5m
2011/10/01  セブ マクタン島 ストローハット
Canon EOS 7D 100mm

クマドリキュウセンの雌が見れました。日本だと珍しい種なのですが、セブだと普通種で、雄も雌も普通に見ることができます。

クマドリキュウセン(雄型)  10cm  -5m
2011/09/28  セブ マクタン島 マリンステーション前
Canon EOS 7D 100mm

クマドリキュウセンっぽいけど、尾鰭付け根の黒斑が2つあるのが気になって、瀬能先生に聞いてみたところ、「尾鰭の黒点を除くと斑紋パターンはクマドリキュウセンそのものです。雄っぽいのに黒点が残っているのも異常っぽいです。現時点ではクマドリキュウセンの異常個体とみなしておきたいと思います。」とのことでした。

クマドリキュウセン(雄型)  15cm  -1m
2008/10/31  西表島 シカブソーヤ
Canon EOS KissDigitalN 100mm

超浅場の河口の泥っぽいポイントで、大きなクマドリキュウセンが見られました。珍しいのかガイドが撮って撮って状態で、水路みたいな所に追い込んで出口を人がふさぐ感じにして撮影を試みました。が、何せかなり濁ってるし、夕方で暗いし、動き回ってるし、100mmには大きすぎるしで超ぼけぼけの証拠写真しか撮れませんでした。これは無理です・・・。



2008/10/31
西表島

2011/09/28
セブ島 マクタン

2011/10/01
セブ島 マクタン

2013/06/26
石垣島

 

inserted by FC2 system