ハコベラ
管理No
ac101-109
和名
ハコベラ
学名
Thalassoma quinquevittatum
分類
条鰭綱/スズキ目/ベラ科/ニシキベラ属
大きさ
全長15cm
分布
八丈島、和歌山県以南、琉球列島、小笠原諸島;インド・太平洋
生息域
岩礁域、珊瑚礁域の浅所
解説
○体色は雌雄で異なる性的二形を示し、成長段階によっても大きく変化する。背鰭と臀鰭の鰭条はそれぞれ8棘12-14軟条、3棘10-12軟条で構成される。
○近似のキヌベラやリュウキュウベラとは、雄型は頬の楕円斑で、雌型は体側中央にのみ1縦帯があることで区別ができる。

ハコベラ(雄型)  13cm  -10m
2010/03/20  慶良間諸島 中内瀬
Canon EOS KissDigitalN 100mm

普通種で熱帯では良く見られるお魚ですが、まあ見てのとおり地味というか、似たような奴がいっぱい泳いでいるので、なかなか撮影されないですね。成魚はいっぱい見ましたが、逆に小さいのは見かけませんでした。目に留まらないだけかもしれないけど。

ハコベラ(yg)  2cm  -1m
2009/11/02  八丈島 乙千代ヶ浜タイドプール
Canon EOS KissDigitalN 100mm

タイドプールで見れたハコベラのおチビちゃんです。チビはこんな感じで浅場で過ごすみたいです。成魚はまだ見たこと無いです。



2009/11/02
八丈島

2010/03/20
慶良間諸島

 

inserted by FC2 system