シラタキベラダマシ
管理No
ac101-115
和名
シラタキベラダマシ
学名
Pseudocoris aurantiofasciatus
分類
条鰭綱/スズキ目/ベラ科/シラタキベラダマシダマシ属
大きさ
全長20cm
分布
高知県以南、八丈島、小笠原;〜西太平洋
生息域
珊瑚礁外縁部のやや深所の中層
解説
○雄型は体側に白、赤、黒などの横帯があり、雌型はこげ茶色から緑色で、吻が黄色い。幼魚は地色がこげ茶色で、体側に白い縦線を持つ。

シラタキベラダマシ(雌型)  8cm  -32m
2011/05/03  八丈島 ナズマド
Canon EOS 7D 100mm

ナズマドの深場で日本ではとっても珍しいシラタキベラダマシが見れました。激流の中、元気に泳ぎまくっていましたが、何とか撮れました。水中でも頭辺りの黄色や赤が目立ちます。雄はまた全然違うお姿みたいなので、是非見てみたいです。



2011/05/03
八丈島

2011/12/29
伊豆大島

 

inserted by FC2 system