フルリボン・ラス
管理No
ac101-128
和名
フルリボン・ラス
学名
Stethojulis zatima
分類
条鰭綱/スズキ目/ベラ科/カミナリベラ属
大きさ
全長13cm
分布
フィリピンやマレーシアを中心とした東南アジア地域
生息域
サンゴ礁域の浅い岩礁と砂地の境界線付近
解説
○カミナリベラに似るが、カミナリベラの体側中央を走る青色の帯は胸鰭後方で一度完全に途切れるのに対して、フルリボンラスは途切れずに一本の帯として尾鰭まで連続する。

フルリボン・ラス(雌型)  10cm  -5m
2011/09/30  セブ マクタン島 海太郎
Canon EOS 7D 100mm

セブの海でスミツキカミナリベラが居るな〜と思って撮っていたのだが、スミツキカミナリベラは日本固有種なので、瀬能先生に聞いてみたところ「フィリピンの固有種でStethojulis zatimaです。研究者によってはStethojulis interruptaのシノニムとする場合もあります。」とのことでした。よく似た奴がいるもんです。



2011/09/28
セブ島 マクタン

2011/09/29
セブ島 マクタン

2011/09/30
セブ島 マクタン

 

inserted by FC2 system