オハグロベラ属の1種-1
管理No
ac101-134
和名
オハグロベラ属の1種-1
学名
Pteragogus enneacanthus
分類
条鰭綱/スズキ目/ベラ科/オハグロベラ属
大きさ
全長15cm
分布
南日本、琉球列島;西部太平洋、インドネシア〜コーラル海、北はグアム、南は南東オーストラリアまで
生息域
沿岸の藻場や岩礁域。
解説
○オハグロベラの近似種でコッカレルラスと呼ばれる。上下唇が白味を帯びること、体側に白色縦帯が通ることで他種との区別が可能。

オハグロベラ属の1種-1  12cm  -5m
2014/09/23  屋久島 吉田
Canon EOS 7D 100mm

屋久島の浅場でオハグロベラによく似たオハグロベラ属の1種が見られました。夕方で暗めて、パッと見区別がつかないです。ゆーっくり泳いでいたのだが、海藻に紛れてしまうので、結構撮るのが大変です。



2014/09/23
屋久島

2014/09/23
屋久島

 

inserted by FC2 system