アミメブダイ
管理No
ac102-005
和名
アミメブダイ
学名
Scarus frenatus
分類
条鰭綱/スズキ目/ブダイ科/アオブダイ属
大きさ
全長45cm
分布
高知県以南,紅海〜中・西部太平洋(ハワイを除く)。
生息域
礁原の外側。
解説
○前頭部が円く突出する。尾鰭は截形で、上下後端がわずかに突出する。雌型は薄い灰褐色で、各鱗の中央に大きな黒斑があり、全鰭が朱色。雄型は体側の大部分に青緑色と赤褐色の細かい蠕虫模様があり、尾柄は一様に青緑色。

アミメブダイ(yg)  2.5cm  -8m
2012/08/05  八丈島 底土
Canon EOS 7D 100mm

アミメブダイのチビちゃんです。同ポイントではもっとチビの個体も見られました。ブダイってステージで姿がだいぶ異なるので、成長過程を並べると楽しいです。

アミメブダイ(yg)  1cm  -10m
2012/08/05  八丈島 底土
Canon EOS 7D 100mm

台風のうねりが残る底土でブダイ系のチビがわんさか見れました。これはアミメブダイの超チビちゃんで、いろはまだ黄緑色で、成魚とは印象が全く異なります。泳ぐというか、ゆらゆらと漂っている感じで、そこらじゅうをつんつんしてお食事しているようでした。

アミメブダイ(yg)  5cm  -2m
2010/12/16  西伊豆 大瀬崎 先端
Canon EOS 7D 100mm

先端の浅場を探索中、見慣れない赤っぽいブダイが居たので撮影しておきました。上がって調べてみるとアミメブダイの幼魚のようです。今年は南からのお客様が多かったのだが、ブダイ系も結構沢山来ていました。地味なので、あんまり注目されませんが。

アミメブダイ(雄型)  50cm  -10m
2006/08/04  沖縄本島 瀬良垣アウトリーフ
Canon EOS KissDigitalN 100mm

ブイダ系って海の中では各地で見ることができるんですが、どれも似ている奴が多く、どーも撮影意欲がわかない奴が多いですね。これも、なんとなく手持ち無沙汰だったので撮影しただけだったりする。色合いからすると雄型のようです。



2006/08/04
沖縄本島

2008/02/11
沖縄本島

2010/12/26
大瀬崎

2010/12/26
大瀬崎

2012/08/05
八丈島

2012/08/05
八丈島

2012/08/05
八丈島

2012/10/13
富戸

 

inserted by FC2 system