ヒブダイ
管理No
ac102-008
和名
ヒブダイ
学名
Scarus ghobban
分類
条鰭綱/スズキ目/ブダイ科/アオブダイ属
大きさ
全長80cm
分布
駿河湾以南、小笠原。イースター島、ハワイ諸島をのぞくインド・太平洋域。
生息域
珊瑚礁、岩礁域。
解説
○雌性先熟の機能的雌雄同体魚で、雌から雄に性転換する。
○前頭部は尖り、雄型も雌型も上唇に青色線が1本、下唇に青色線が2本あり、背鰭と臀鰭の縁辺部と基底部、尾鰭の上下葉、胸鰭の上部が青い。大きくなると尾鰭の上下葉は伸びる。
○幼魚と雌型は黄色の体に青色の汚れのような横帯がある。雄型は青緑色の鱗の周囲がピンクで、背側が緑っぽく、腹側がピンクっぽくなっている。

ヒブダイ(雌型)  40cm  -10m
2010/09/23  小笠原 兄島 ミズタマ湾
Canon EOS 7D 100mm

小笠原では立派なサイズのブダイが数多く見れます。このヒブダイも大きな成魚が結構見れたんですが、雄型は居なかったな〜。次は雄型が見たいです。

ヒブダイ  12cm  -10m
2009/01/10  西伊豆 大瀬崎 先端
Canon EOS KissDigitalN 60mm

大瀬ではたまにチビを見かけるのですが、若魚くらいのサイズになった奴を見つけました。かなり元気よく泳ぎ回っていて、寄ると逃げていくのでなかなか撮れないのですが、餌食ってるときに何とか1枚だけ撮影できました。ブダイ系の撮影は難しいです。

ヒブダイ(雌型)  25cm  -10m
2008/11/01  西表島 サバ崎東
Canon EOS KissDigitalN 100mm

熱帯では色んな種類のブダイが沢山見れるのですが、動きが速いし、あまり近寄れないしであまり綺麗な写真がありません。しかも100mm装備なんかの時はなおさら撮れないですが、透明度が良い時がチャンスです。何とか証拠写真は撮れました。

ヒブダイ(yg)  5cm  -10m
2007/11/11  西伊豆 大瀬崎 先端
Canon EOS KissDigitalN 100mm

ちょっと見慣れぬブダイ系のおチビがいたので撮影しておきました。手持ちの図鑑では調べがつかず暫く不明だったのですが、体側にこのような青白い斑紋が出るのはヒブダイだけとの情報をいただきました。ブダイ系は小さいのから大きいのまで結構見れるのですが、あんま写真が無いです。



2007/11/11
大瀬崎

2008/11/01
西表島

2009/01/10
大瀬崎

2010/08/22
大瀬崎

2010/09/23
小笠原

2010/11/06
柏島

2014/09/23
屋久島

 

inserted by FC2 system